株取引のイロハ

パンパース|赤ちゃんモデル

パンパースのフィットパンツ赤ちゃんおしゃれ写真コンテストがあり、大人気でしたね。コレに受かると雑誌のモデルになれるチャンスがあるので人気が高いのも理由だったと思いますが、パンパースの募集のように「フィットパンツをはいて写真を投稿」という手軽さも忙しいママさんたちに人気だったのだと思います。パンパースの赤ちゃんモデルだけでなく、今や赤ちゃんモデルは大人気。たまひよ(ひよこクラブ)、赤すぐ、ベビモ(Baby-mo)の雑誌や、応募人気はパンパース、ムーニーマンなどの赤ちゃん商品。ブランドならコムサ、GAP、ユニクロなどシンプルでベビー用品があり身近なブランドが人気ですね。そして赤ちゃんモデルの需要は年々増えてきています。では、他にも赤ちゃんモデルについて見ていきましょう。

くれよん|赤ちゃんモデル

赤ちゃんモデルのクレヨン(CRAYON)は有名ですよね。子供モデルやキッズモデルを専門としたプロダクションです。「クレヨン(CRAYON)」のように赤ちゃんモデルを専門としていたり担当している会社が存在します。個人で赤ちゃんモデルの応募に励むのもいいのですが、専門の会社や事務所、プロダクションに登録すれば赤ちゃんモデルの狭き門も広がります。クレヨンの他にも無料体験レッスンなどがある「テアトルアカデミー」も評判がいいですね。テアトルアカデミーの赤ちゃんモデルと言えば、俳優の杉浦太陽(すぎうらたいよう)さんと同姓同名の赤ちゃんモデルが在籍していて活躍中なことで話題になりました。東京海上日動のCMで赤ちゃんどうしがおしゃべりするおもしろいCMありますよね?あれに出てるのは「セントラル」のセントラル子供タレント部の赤ちゃんです。現在も新生児タレントを募集中です。各事務所やプロダクションのHPを見れば赤ちゃんモデルの仕事(活躍実績)を見ることができますので参考になりますよ。

赤ちゃんモデル|出演料

赤ちゃんモデルの出演料は、決して高くはないと言われています。現場までの交通費が自己負担だったり、かかる経費を考えると残る金額はわずかなもの。また経費以下と言うことさえあるようです。ではなぜ赤ちゃんモデルが人気なのでしょうか?もちろん我が子可愛さから、赤ちゃんモデルにして雑誌に載せたいと思う人もいるでしょうし、「たまひよ」の赤ちゃんモデルに選ばれれば将来のイイ記念になる。と、親御さんのいろんな考えがあるからでしょう。実際にプロダクションに登録したりレッスンを受けたママさんたちは思わぬ副産物に驚いたり喜んだりされています。赤ちゃんモデルに応募したことで「ものおじしないで元気に遊べる子供になりました」「レッスンを受けることで待つことや我慢することを少し覚えたようです」「同じ年頃の赤ちゃんを持つママ友達ができて嬉しいです」など。また、副産物かどうかは分かりませんが、芸能界に興味を持ってキッズの歳になってもモデルや劇団の活動を自分の意思で続けるお子さんもおられるようです。またまた、柳原可奈子さんのように赤ちゃんモデル時期を経てタレントになる方もおられるので、何がきっかけで楽しいことが起こるか分かりませんね。

赤ちゃんモデル|オーディション

赤ちゃんモデルのオーディションは、まずは写真選考があることが多いです。そこで合格すると面接があります。赤ちゃんモデルのオーディションで気をつけなければならない重要なことは「赤ちゃんの体調は変わりやすい」ということです。みなさん節約も兼ねて夜行バスなどでオーディションに向かわれる方もおられますが、夜行バスはサラリーマンなどが明日に向けて仮眠を取っている場合が多いです。いつもはスヤスヤと寝てくれる赤ちゃんも環境が変わるとまったく泣き止まないことだってあります。ママやパパが無理をさせないよう気遣ってあげて配慮してあげることが大切ですね。そうは言っても現場では慣れた担当スタッフが赤ちゃんに合わせながら無理の無いように撮影を進めてくれますので、撮影に関してはあまり心配せずに応募してくださいね。オーディション会場は東京だけでなく関西の大阪や、名古屋、福岡、広島、札幌など、各地で開催されていますので「赤ちゃんモデルのオーディションに行った」というだけでも楽しい記念になりますから近場の旅行のつもりで、ぜひ楽しんできてくださいね。

赤ちゃんモデル